20周年記念事業

平成26年に平成高校は創立20周年を迎えました。
その記念事業の記録です。

■招待野球試合

招待校 花巻東校等学校、秋田県立大曲工業高等学校
期 日 平成26年6月19日(木)
場 所 グリーンスタジアム横手
9:30~第1試合 花巻東 対 大曲工業
12:20~招待セレモニー
13:15~第2試合 花巻東 対 平成
15:45~第3試合 大曲工業 対 平成
入場料 無料

試合結果

第1試合 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
大曲工業
花巻東
第2試合 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
平成
花巻東
第3試合 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
大曲工業 10
平成

 

招待試合


■創立20周年記念式典

期  日 平成26年10月3日(金)
場  所 本校体育館
イベント 20周年記念委嘱曲「明けゆく空へ〜平成高等学校校歌による祝典序曲(作曲:後藤洋)」
トークイベント「過去・現在・未来」ゲスト:シャバ駄馬男・バリトン伊藤・桜庭みさお

記念式典


【記念曲作曲者からこの曲についての解説】
記念曲『明けゆく空へ』は、校歌の旋律をもとに作曲しましたが、平成高等学校の校歌を聴いたことのない方々にも共感していただけるよう、音楽として自立した作品にしようと考えました。
その結果、ここでは旋律をそのまま編曲・変奏するのではなく、旋律の特徴的な動き(音の進行やリズムなど)を音楽的な素材とした、まったく新しい曲を作ることを試みています。曲のほぼ中間で、校歌の歌い出しの旋律がほぼ原形のまま現れますが、それも間もなく別の方向に発展して行きます。これは、平成高等学校とそこで学ぶ生徒のみなさんが、ひとつの場所や決まりきった考えに安住せず、常にさまざまな可能性を探求し、発展することを目指していただきたい、という願いの表れでもあります。
さらに、曲全体を可能な限り音楽の流れが停滞・弛緩することを避けて、常に動き、前進し、発展していくように構成しました。そのため演奏はかなりハードなものになりましたが、これも、休みなく常に前に進んでいただきたい、という私の思いの表明だとご理解ください。

20年前、平成高等学校が新しく誕生した時の校長、故佐々木宏先生は、私が横手高校で学んでいたときの担任でいらっしゃいました。そしてそのご縁で、私が校歌の作曲をお引き受けすることになりました。高校時代の恩師との出会いがなければ、私が平成高等学校の校歌を作ることもなかった、と、師や仲間との出会いの意味の大きさを考えながら、そして20年前の創立記念祝賀会で、新しい学校を発足させるという大変なお仕事を成し遂げ、感無量の涙を流されていた佐々木先生のお姿を思い出しながら、作曲した次第です。

この作品が、今後平成高等学校の大切な節目でいつも演奏され、学校のシンボルとして親しんでいただくことを期待しております。
平成26年9月29日  後藤 洋