横手東高校沿革

昭和36年12月1日横手市独立定時制高等学校建設期成同盟会発足
昭和38年4月1日横手工業高等学校、朝倉・栄・旭の三分校を本校に統合
昭和39年5月8日普通教室(6教室)完成により現在地に移転
昭和40年3月20日普通教室(4教室)増築完成
昭和40年4月1日横手工業高等学校、横手城南高等学校の両校定時制の統合により、横手東高等学校となる。
 境町分校に黒川分校を統合
昭和40年5月31日開校式挙行(開校記念日とする)
昭和41年3月31日普通教室(2教室)、特別教室(理科実験室)、管理棟、および体育館竣工
昭和41年4月1日山内分校を中心校に統合し、中心校に農業科新設
昭和41年10月31日調理実習室、家庭経営保育実習室、体育用具室、用務員室、女子更衣室竣工
昭和41年11月12日校歌披露、校旗樹立式
昭和42年2月9日境町分校を大雄分校に統合(境町分室をおく)
昭和42年11月13日校舎落成式挙行
昭和43年3月31日大雄分校境町分室廃止
昭和43年12月26日増築落成式挙行、給食室並びに和洋裁室完成
昭和49年4月1日大雄分校廃止
昭和49年10月24日創立10周年記念式挙行
昭和54年4月1日定時制家政科募集停止、全日制家政科1学級設置
昭和57年3月31日定時制家政科廃止
昭和60年10月5日創立20周年記念式挙行
平成5年11月14日閉校の記念式典