TOP PAGEへ 校 長 挨 拶 校 章 ・ 校 訓 沿   革
 校 長 挨 拶

 ようこそ!平成高校へ!
 秋田県立平成高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 平成高等学校は水清き平鹿の地に建つ、自ら考え判断できる人間性豊かな生徒を育成することを目指している学校です。
 本校は平鹿高校と横手東高校を統合し、平成6年4月に開校しました。今年10月3日には、創立20周年記念式典を迎えます。
 校訓は「日日新 又日新」(日日に新たに、又日に新たなり)です。これは「今日の分は、昨日よりも新しく成長し、さらに、明日の自分が今日よりも新しく成長してゆくうちに、勉学に修養に常に心がけなければならない」という意味です。平成高校で学ぶ生徒が一日一日を大事にして、昨日よりも今日、今日よりも明日と成長していってほしいと思いが込められています。
 本校には普通科と総合ビジネス科があります。普通科は進学希望・就職希望の両方に応える教育課程を組んであります。横手地区唯一の総合ビジネス科では商業関係の多様な資格取得などで、進学や就職を実現できます。また部活動では、運動部や文化部とも毎年東北大会や全国大会などの上位大会に進出する活躍をしています。
 平成26年度は4月8日の入学式で105名の新入生を迎え、全校生徒数は325名なりました。決して大きな学校ではありませんが、生徒はアットホームな雰囲気で学校生活を送っています。
 一人ひとりを大切にして、広く社会と繋がる生徒を育成することを目指している平成高等学校に、今後ともご理解とご支援をお願いいたします。
平成26年4月
第10代校長 荒川肇



平成26年度の重点目標
  思考力・判断力・表現力を身につけ、広く社会と繋がる生徒を育成する
                      〜人間的成長と進路実現の支援〜

(1) 基本的生活習慣の確立を図り、ルールを守る生徒を育成する。   
(2) 授業改善による魅力ある授業の実践により、学力の向上を図る。  
(3) キャリア教育の充実により健全な職業観を育成し、進路実現を図る。
(4) 部活動や生徒会活動、体験的活動、地域連携学習等を通じて社会性やコミュニケーション能力、表現力を育成する。            
(5) 創立20周年の歴史を踏まえ、生徒に学校づくりを共に担う自覚を持たせ、新たな活力の創出を目指す。